女性と出会っての8秒でモテる法則



ホストの人ってどうしてモテるんですかね?

見た目がカッコいい?トークが上手い?

いやいや、女性にモテる法則に沿って行動しているだけです。

逆にブサイクでもモテる法則に沿って行動すればモテますよ。

そして、モテるかどうかは出会って8秒で決まってしまいます。

その8秒をミスると何をやっても無意味に終わってしまいますので気をつけてください。

では、その8秒の間に何をするのかお伝えしていきますね。

とりあえず笑顔

何と言ってもとにかく笑顔で女性に話しかけてください。

笑顔は基本です。

そっけない感じでクールに接してモテるのはイケメンだけです。

イケメンがモテるのは当たり前の話で、モテるのであればこのページにも足を運んでいないと思います。

なので、自分はモテていないと感じたら女性からは目がハートになるほどのイケメンではないのでそこのところは自覚して笑顔を振りまいて下さい。

とは言っても急に笑顔になるなんて普段やっているのであれば難なく出来ますが急には難しいかもしれません。

ですので、朝起きたら準備運動として口角を10回上げて時間が空いたときに笑顔になる練習をしてみてください。(人前でやると変な奴だと思われるので気をつけて)

モテるために笑顔は基本だと覚えておいてくださいね。

おどおどしない

おどおどする人、挙動不審な人はモテません。

昔の僕がそうでした。

僕はあまり人と接する事が好きではなく、男女関係なく話をするときに無意識におどおどしていました。

そうすると何が起きるのかと言うと一線しかれてしまいます。

どういうことかと言うと、こいつとは仲良くなれないな見たいな上辺だけの関りの人でいようと無意識的に思ってしまうわけです。

もちろん、そんなことを本人に聞いても本音は言ってくれませんよ。

何が合っても堂々としていて大丈夫じゃなくても大丈夫だと言ってくれる人は一緒にいて安心しますよね。

ですが、急におどおどするなと言っても無理な話なので、どういう場合は場数を踏んでおどおどしないという意識を持ちましょう。

例えば、コンビニの店員さんに今日いい天気ですねと普通に話しかけてみたり、美容院の予約をスムーズに終わらせたりととにかく普通にやれば問題ありません。

緊張するからおどおどしてしまうので、場数を踏んで慣れが必要なんですよね。



余裕がある雰囲気を出す

余裕がある男はモテると言いますが、ここでは経済的にとか時間的にという話ではなく、聞き取りにくくなるぐらい早口になったり、ちょっとてんぱってしまったりと心に余裕がなくなることがNGです。

余裕がある雰囲気と言ってもイメージできなくてわかりずらいですよね。

余裕のある雰囲気を出すというよりも余裕のないところを見せないと考えて良いかもしれません。

とにかく慌てないことが大事です。

落ち着いて話しかけるという事を意識しておけばとりあえずは大丈夫。

「普通」と言うのが大事で徹底的に違和感をなくす努力をしてください。

スムーズにサクッと進めると言ってよいかもですが、雰囲気って表現が難しいところがあります。

そういう感じに見せるという意識が大事ですね。

これは意識していかないとどうにもならないので努力しましょう。

最後にこれはすぐにできることで必須項目なのですが、

声のトーンを上げる

これは口下手でも声のトーンを上げようとしたらあがりますよね。

何か嬉しいことがあった時、プレゼントをもらったときなど、テンションが上がった時に声のトーンが上がると思います。

それを意図的に声のトーンがいつでも高められるように持っていけるように訓練しましょう。

常に声のトーンを高くするのではなくて、女性に話しかける時に接客するというイメージで声のトーンを高くするんです。

女性のことをお客さんだと思って話しかけるといいかもしれません。

なんて言うとホストっぽく聞こえてしまうかもしれませんが、見た目ではなく女性と接する時の要素はホストからパクったほうが間違いなくうなく行きます。

彼らはプロですのでどうすればモテるのかという事は熟知しています。

モテる人の行動はパクったほうが早くモテることができますよ。(マジ)

女性と出会っての8秒でモテる法則まとめ

色々とテクニック的なことをお伝えしてきましたが、正直言ってストライクゾーンから外れるとその女性からは何をしてもモテないです。

言いかえるなら恋愛対象者になってないと口説いても全く意味がないということですね。

なので、今回のお話は土台ができているうえでの話です。

それとは別に見た目の清潔感で差が出てきます。

初めは見た目から入ってしまうものなんですよね。

それを踏まえると一発で好みの女性と付き合えるなんてことは少ないので回数をこなす必要があります。

なので、ちょっと上手く行かなかったからと言って諦めてしまうのではなくどんどん次へ次へと声をかけてください。

笑顔でスムーズにテンション高めでト言うことを意識しておけば自然とモテてきますよ。

是非、試してみて下さいね。